個人情報の取扱いについて

iPod 買取

警察、裁判所より盗難品、横領品の疑いで開示要請があった場合にのみ、
個人情報及びご利用履歴を開示させて頂きますが、
お客様の個人情報を取り扱う業者の責任として、上記の例外を除き、
お客様の個人情報及び、ご利用内容など外部に公開する事は一切御座いません。

万が一、泥棒が入ったとしましても金庫にて保管をしておりますので、
外部に漏れる心配は御座いません。

法律で定める保管義務期間が過ぎましたら、
復元不可能なクロスカットシュレッダーにてバラバラにして廃棄致します。

個人情報保護法とは

生存している個人が識別される情報。つまり、氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、
それに病歴、前科、信条などプライバシーに関するものを言います。
そんな個人情報を5,000人分以上、事業に利用している場合は「個人情報取扱事業者」とされ
「個人情報保護法」を守る義務が生じます。

個人情報保護法の目的

「個人情報保護法」1条によると「高度情報化社会の逆風に伴い、個人情報の利用が著しく拡大。
一個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護する。」とされています。

個人情報取扱事業者の義務

i.LINKの取り組み

お申込み及び、お問合せでお客様から「個人情報」(住所、氏名、電話番号など)を頂いた場合の
「個人情報」の管理について、弊社は次のように取り組んでいます。 

[←Home] | [↑このページの上へ]